● 40℃で実験

 温度40℃、湿度95%の恒温恒湿槽(一定の温度と湿度を保つ槽)に入れました。
2時間後
塩カル3% 塩カル30% 海水
 鉄は、3液体とも錆びています。海水は、鉄分の影響か茶色になっており、塩カル3%も薄く色付いています。

48時間後 液体
塩カル3% 塩カル30% 海水
 海水と塩カル3%は、茶色の沈殿物が多くあります。塩カル30%は、薄茶色の沈殿物で、他より少なめです。

48時間後 鉄(取り出した状態)
塩カル3% 塩カル30% 海水
 これは、液中から取り出し、付着物が付いた状態の鉄です。海水と塩カル3%は、茶色の付着物が、塩カル30%はグレーの付着物が大量にあります。液外の錆は、塩カル30%が一番多くあります。

48時間後 鉄(洗浄後)
塩カル3% 塩カル30% 海水
 容易に落ちる付着物を、水で洗い流した状態の鉄です。どの液体も、液外の部分の錆を除去すると、その下の鉄は腐食で局部的に凹んでいます。
 腐食度合い: 塩カル30% > 海水 > 塩カル3%

48時間後 アルミ
塩カル3% 塩カル30% 海水
 海水は、液中部分が薄茶色に変色しています。塩カル2液は、液面部(空気と液体の境)が腐食で削られています。
 腐食度合い: 塩カル3% > 塩カル30% > 海水

48時間後 ステンレス
塩カル3% 塩カル30% 海水
 海水が黒く見えるのは、光の影響で、実際には、どれも大きな腐食は見られず、光沢もあります。塩カル3%の液面部が変色しています。
 腐食度合い: 塩カル3% > 塩カル30% = 海水