熱の実験室 別館
エスハイ実験室 第10回

 エスティマハイブリッド(エスハイ)を使った実験室 

 ● 今回のテーマ(温泉を配達します-3)

 今回は、長野市内にある、無料の「温湯(ぬるゆ)温泉スタンド」に行ってみました。前回の「坂城町温泉スタンド」は、泉温が45℃と高くて、エスハイで運ぶ間は、保温だけすれば良い温度でした。今回のスタンドは、成分表で泉温が39.3℃になっていますので、加温する必要があります。そこで、温泉配達用に製作したヒーターセットの加熱性能をチェックすることにします。
 

 ● 使用した器具

●温泉配達用ヒーターセット

 前回と全く同じです。
・タンク: 200リットル入りの、ポリエチレン製ローリータンク
・ヒーター: 水用カートリッジヒーター「ステンレスウルトラW」 100V 1.2kW
・温度センサー: Kタイプ φ1.6シース熱電対(シース材質:SUS316)
・排水用コック: 1/2Bのコック
 以上を組み合わせたヒーターセットです。
 

●データレコーダー

 いつも使用している、熱電対からの電圧をデジタル変換して、ノートパソコンに取り込むレコーダーです。
 前回と同様に、デジタルファインサーモDG2を、湯温コントロール用として接続していますが、今回はヒーターセットの加熱性能チェックのため、常にONまたはOFFの状態で湯温の変化を測定しましたので、温度コントローラーとしては働かせていません。
 温度測定位置は前回と同じで、次の通りです。
No.1 上側 タンクの底から、約300mmのところの湯温
No.2 下側 タンクの底付近の湯温
No.3 タンク タンクの底から、約300mmのところの、タンク外面
No.4 気温 タンクの近くの気温