How to Use 負荷抵抗器

 電気エネルギーを熱エネルギーに変換するのが、負荷抵抗器です。抵抗値が安定していて、大容量を得やすいシースタイプのヒーターは、負荷抵抗器としての使用にも適しています。

 ■ 用途例

  • 燃料電池の評価試験
  • バッテリーの容量試験
  • 発電機の定期評価試験
  • 非常用発電機の定期試験
  • 発電余剰電力の熱エネルギーへの変換
  • スイッチの寿命試験
  • リレーの寿命試験

 ■ 使用するヒーターの種類

■ 空気加熱用ヒーター

ダクトヒーター
ファン付きダクトヒーター
ストレートフィンヒーター
フィン付カートリッジヒーター
 フィンヒーターを使用し、ファンで送風して使用するのが一般的です。大気中に放熱するので、他に必要なものはなく、使用は簡単です。試験用途ではファン用の電源が別に必要になります。

■ 水加熱用ヒーター

プラグヒーター
フランジヒーター
取付ヒーター
投込みヒーター
 水用ヒーターは、ワット密度(単位面積当たりの発熱量)を、一般品で 10W/cm2 程度と高くできますから、高容量でもコンパクトにできます。水質が良い場合は、20W/cm2 程度にして、更に小型化できます。当然ですが、水の供給は必要です。

■ 放射加熱ヒーター

遠赤外線ストーブ
ハイレックスヒーター
 ファンによる送風も、水の供給も不要です。容量の割に大きくなりますが、小容量のときは使用も簡単です。