No.5 DG2で微生物の実験


 バクテリアのような微生物を利用して、生ごみなどの廃棄物や、汚水を安全に処理する方法は、これからますます盛んになるでしょう。

 「デジタルファインサーモ DG2」を使用すれば、一番重要な温度管理を簡単に行なうことができます。

 DG2で実験して、高性能な処理機・処理設備を開発しましょう。

参考仕様

温度コントローラー

 デジタルファインサーモ DG2
 型番:DGC1150
 入力電圧:AC100V
 温度設定範囲:0℃(室温)~600℃
 デジタル温度表示


ヒーター

 シリコーンラバーヒーター
 幅100 x 長さ385
 定格:100V 150W
 (スプリング付き)

 容量2リットルのガラス製ビーカーに、スプリング付きのシリコーンラバーヒーターを巻いて、外から加熱します。

 DG2の温度センサー(シース熱電対 Kタイプ)は、加熱するバクテリアが入った土壌に直接入れました。

  • DG2に、ヒーターと付属の温度センサーを接続し、電源につなぐだけの簡単接続です。
  • 操作するスイッチは、温度設定の上昇/下降スイッチだけ簡単操作です。
  • シリコーンラバーヒーターは、広い面積を均一に加熱しますので、温度変化に敏感な微生物を均一に、一定の温度に加熱することができます。