■ 各種物質の性質: 引火点・発火点

物質の引火点
 可燃性物質(主として液体)を一定昇温で加熱し、これに火炎を近づけた時、瞬間的に引火するのに必要な濃度の蒸気を発生する最低温度。
物質 引火点[℃]
ジエチルエーテル -45
ガソリン -43以下
石油ベンジン粗面 -40以下
二硫化炭素 -30
アセトン -20
ベンゼン -11
シンナー類 -9
トルエン 4
メチルアルコール 11
エチルアルコール 13
キシレン 27
灯油 40~60
軽油 40~70
重油 60~100
アニリン 70
ナフタレン 79
ニトロベンゼン 88
機械油 106~270
ごま油 289~304
菜種油 313~320
フッ素樹脂 PTFE 530~550

物質の発火点
 物質を空気中で加熱するとき、火源がなくとも発火する最低温度。形状・測定法によって大きく異なる。
物質 発火点[℃]
水素 500
メタン 537
プロパン 432
エチレン 450
アセチレン 305
一酸化炭素 609
硫化水素 260
二硫化炭素 90
コンプレッサー油(鉱油) 250~280
軽油 250
灯油 255
重油 250~380
ガソリン 300
菜種油 360~380
メチルアルコール 385
アセトン 469
ベンゼン 498
アニリン 615
黄リン 30
赤リン 260
硫黄 232
ナフタレン 526
ポリプロピレン(PP) 300~440
ポリスチレン(PS) 300~400
ポリエチレン(PE) 350~450
メラミン 380
フッ素樹脂 PTFE 520~560
古タイヤ 150~200
木材 250~260
新聞紙 290
木炭 250~300
泥炭 225~280
ココア 180
コーヒー 400
デンプン(コーン) 380