温度コントロール

Question [疑問点]

 どうやってコントロールするの?

Answer [回答]

 物体を加熱するとき、ヒーターが ON のままでは、目的の温度に達しても、更に温度が上昇してしまいます。そこで、目的の温度に達したら OFFにして、温度が下がったら ON にすれば、温度を一定に保つことができるはずです。これを自動的に行なうのが、温度コントローラーです。
● 温度コントローラーの種類
 温度の変化を、機械的な変動に変換する機械式と、温度センサーからの電気信号を利用する電子式があります。
  • バイメタルや、金属または液体の膨張を利用して、ON-OFF する接点を直接開閉する機械式。
  • 熱電対やサーミスタなどの温度センサーで、温度を電気信号に変換し、この信号により、リレーや電磁開閉器を制御する電子式。
● 温度コントローラーを使用する目的
 希望の温度に保つことを目的とする、温度コントロールと、何らかの理由で異常高温になった場合に安全を確保する、温度過昇防止があります。なお、温度過昇防止には、温度上昇により回路を切断する、温度ヒューズも使用します。
  • 加熱する物体の温度を、希望する温度に保つ、温度コントロール。
  • 制御の異常による液体加熱用ヒーターの空焼きや、送風ファン・送液ポンプ停止により、ヒーターまたはその周囲が高温になった場合に、安全のために電源を OFF にする、温度過昇防止。