ヒーターを選ぶために

Question [疑問点]

 シーズタイプのヒーター、どれを使えば良いか?

Answer [回答]

 外側を金属シースで保護した、「シーズヒーター」、「カートリッジヒーター」、「サイカンヒーター」 には、それぞれ長所・短所がありますので、使用方法と比較して、選択してください。

シーズヒーター

長所
  • 使用できる発熱線径の範囲が広く、コイル状なので、抵抗値を自由に設定できる。
  • 絶縁性能(絶縁抵抗・絶縁耐力)が高いので、家庭用などでも使用できる。 
  •  シース材質の種類が多い。 
短所
  • 両側端子タイプしか製作できない。 
  • 長さに制限がある(長い側・短い側)

カートリッジヒーター

長所
  • 外径に対して、発熱線のコイル径が大きいので、発熱線からシースへの熱伝導が良く、高温で使用できる。 
  • 細い発熱線を、小ピッチで巻くことができるので、高い抵抗(低容量)のヒーターが製作可能。 
  • 外形を精密に加工することができる。 
  • 非発熱部寸法を、非常に小さくできる。 
短所
  • 発熱部を曲げることができない。 
  • 長いものが製作できない。

サイカンヒーター

長所
  • 細く、狭いところにも複雑に曲げて取付けることができる。 
  • 長いヒーターが製作できる。 
短所
  • 発熱線が直線なので、長さを決めると、抵抗値は数種類に決まってしまう。 
  • 細いものは、絶縁耐力が低い。