熱の実験室-新館
第43回 ヒートローラー加熱試験
5ブロックの実験メンバーが交代で担当します
実験実施: 2017年9月、 実験担当: 第3ブロック

はじめに

 八光電機では、様々の用途に応じて各種ヒーターをご用意しています。その中に、提案製品のヒートローラーがあります。ヒートローラーは、「回転するアイロン」です。ワークとの接触面積が一般的なアイロンより少ないので、力をかけやすいというメリットがあります。ローラーは、アルミ製のものと、アルミの表面をシリコーンゴムでライニングしたものがあります。
 今回は、このヒートローラーでワークの上を転がすと、熱がどれくらい伝わるのか、実験しました。また、ワークの違いにより熱の伝わりがどう変わるのか確認するため、ワークは金属(アルミ)、非金属(シリコーンゴム)の薄いシートの2種類、用意しました。

実験

[用意したもの]

  1. ヒートローラー 100V 100W
  2. ローラー t3ゴムライニング付き 硬度30°
  3. Kタイプφ0.5熱電対 (2対)
  4. 表面温度センサー
  5. データーロガー
  6. 金属のワーク(アルミシート t0.5)
  7. 非金属のワーク(シリコーンゴムシート t0.75)

ヒートローラー

ローラー アルミ製

ローラー シリコーンゴムライニング

[方法]


試験のセットアップ
  1. ヒートローラーのダイヤル位置を5(出力を60%)にします。
  2. ワークの温度を測りながら、ワークの上を5cm/s のスピードで3分以上転がします。
  3. ワークとローラーの組み合わせを変えて、計4回試験しました。

試験 ワーク ローラーの種類
1 アルミシート シリコーンゴムライニング
2 アルミシート アルミ製
3 シリコーンゴムシート シリコーンゴムライニング
4 シリコーンゴムシート アルミ製
表1:試験毎のワークとローラータイプの組み合わせ