● シリコーンオイルの加熱 -3

 次に、ヒーターの表面ワット密度を上げて通電しました。

 このとき、ヒーターの表面温度 は350℃以上になっていますが、見た目は落ち着いています。