熱の実験室 別館
エスハイ実験室 第6回

 エスティマハイブリッド(エスハイ)を使った実験室 

 ● 今回のテーマ(沸点の測定-温泉編)

 夏休みの時期なので、今回は理科の実験です。
 水を加熱すると、100℃で沸騰することが知られていますが、高い山ではもっと低い温度で沸騰してしまいます。また、味噌汁のようなものは、純粋な水より高い温度にならないと沸騰しません。これを、エスハイを使って測定してみました。なお、今回は「温泉編」ですが、「海と山編」も近いうちに掲載する予定です。

■ 使用した機材

 ● ホットプレートDEMO
 理化学実験などに最適な、温度コントローラー付きのホットプレートです。
 ・型番:HHP2515
 ・定格:100V 800W ・設定温度範囲:0℃~400℃ ・プレート寸法:250×150
 ● 測温抵抗体
 温度を測定するセンサーです。水の沸点のような、比較的低い温度を正確に測定するために、熱電対ではなく、Pt100Ω測温抵抗体を使用しました。なお、2本使用した測温抵抗体は、100℃付近で同じ温度を示すように校正してあります。
 ● データレコーダー
 いつも使用しているパソコンに取り込むレコーダーは、測温抵抗体が使用できないので、打点式の記録計を使用しました。
 ● フラスコ
 普通のガラス製です。

 ● 沸点を測定した水

(1) 純水

 理化学用の純水装置により精製した水です。

(2) 温泉の湯

 当社グループの、戸倉上山田温泉「笹屋ホテル」の温泉の湯です。
笹屋ホテル 正面入り口
大浴場 石の湯
石の湯の、湯が出ているところ
ここから温泉の湯を汲みました
石の湯の、露天風呂
 なお、この温泉の湯が一番病気に効くというお客様がいて、その方の要望で、18リットルポリタンクに入れて発送しているというはなしを聞きました。